日々の事、興味のある事、見た事、聞いた事、やった事をだらだらと書きます
by kky2009
カテゴリ
全体
ワイン

食べ物
映画
お店
街探索
買い物
ビール
ラーメン
飲み
スポット探索
展示博覧会
グッズ
昆虫
話題
スポーツ・格闘
旅行

未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 02月
2015年 08月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
上星川から西谷をあるく①
from 保土ヶ谷エリアCのいちにち
ガメラ:10年9月第三週..
from ガメラ医師のBlog
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

本日出会った日本のワインたち

ようやく野毛のLUCEさんで、心も体もゆったりして、グラスを傾けることができる様になりました。

まず一本目の白、岩手県産でくずまきワインの限定醸造『星』
e0176922_21565630.jpg
e0176922_2157529.jpg

見た目は黄味がかっていない透明な白、ただ香りはブルゴーニュのシャルドネを彷彿させるすっきりとした味わい。この、くずまきワインのラインアップを見ると、とてもネーミングがオシャレ。『星』『ゆい』『ほたる』『蒼(あお)』『澤登』・・・・
つづいても、岩手山のワインで、エーデルワインの[新ポラーノ]カベルネ・フラン2007
e0176922_2274667.jpg

e0176922_227983.jpg

しっかりとタンニンも感じられ、華やかさもある赤
岩手県のワインって、今まで飲んだことが無かったから、少し驚いていますが、地域でいえばぶどうの生育には問題ないから、飲む機会が無かった。
最後は長野の株式会社アルプスの赤、『信州 無添加樽熟』信州産ブラッククイーン種とメルロー種を使用とのこと。
e0176922_2217785.jpg
e0176922_22171622.jpg

日本のワインをもっと安価に飲めるようにならないか?
やはり、日本の風土にあうワインを求めたい。
[PR]
by kky2009 | 2014-05-29 22:21 | ワイン

あのMACALLANが新シリーズへ

既に昨年発表されていたようですが、なじみのバーで見たことないボトルのマッカランを飲んだので、簡単に報告。
e0176922_19274832.jpg

スコッチ研究会のWEBページに、ニュースが載っていました。
『あのアイラ島のMACALLAN(マッカラン)が、従来の10年、12年、15年という熟成年表示のボトルをやめ、色によって分けた4種類のボトルを新発売。『1824年シリーズ』と名付けられたこのボトルは、ゴールド、アンバー、シエナ(黄褐色)、ルビーの4色4種類。“』
e0176922_19302276.jpg

更にこの新シリーズは業界に大きなインパクトを与えたらしい。
『“年数表示の時代は終わったのか”と、業界で注目されるこの新シリーズ』
だが、
『需要の急激な増加を受けて、それぞれの年数の原酒樽が確保できない』というのが真相とのこと。
さて、最後にアンバーを飲んだ感想ですが、いわゆる12年よりは濃い味だが、アルコール度数が40度とすっきりとした喉越しに仕上がっています。
[PR]
by kky2009 | 2014-05-29 19:41 | 飲み

映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜』

本日は邦画を観てきました。『WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜』です。
e0176922_1944945.jpg

大学受験失敗&彼女にふられた男の子が、街で見かけた募集パンフレットの女の子に会えると思い林業の研修を受けに来て・・・・という、まあ舞台は林業だが、良くある青春熱中映画!
e0176922_191088.jpg

くせのあるキャストと、林業以外がちょっと現実ではありえない設定など、つっこみどころは満載だが、まあ途中笑っちゃたりしたので、ギャグはOK!最後はもっとドラマティックの方がよかったな!
[PR]
by kky2009 | 2014-05-29 19:14 | 映画

映画『LIFE!』

先月、ベン・スティラー主演の『LIFE!』という映画を観ました。
e0176922_18381349.jpg

米LIFE!で働く、ベンスティラーの最後の仕事を描いた映画なのですが、そのスケールが異常に大きい(あきれるくらい)という、まさに映画です。
e0176922_18445327.jpg

いわゆるリストラ映画なので、ちょっと自信と重ね合わせた部分もあり、今までなら見なかったジャンルの映画です。最後に少しだけ力をもらいました。
[PR]
by kky2009 | 2014-05-29 18:50 | 映画

横須賀ブラジャー

いきなりのタイトルですが、横須賀中央に昔の上司がマスターをやっているお店があります。
駅の近くですが、こんな細い道で飲み屋が密集うしているところ
e0176922_8375635.jpg

こんな看板のある近く
e0176922_8382826.jpg

なんとなーく、昭和っぽいすたれた街の印象
しかし、目的のお店はなかなかの雰囲気
e0176922_8395485.jpg

会員制としてあるのは、一見客お断り(店が狭いからとの理由だが・・・)の意思表示
店の中の写真はちょっと企業秘密(うそ)なので割愛させて頂きますが、カウンターのみです。
メニューはあるが基本的にはマスターお任せ、飲み放題(といってもビールと焼酎)
e0176922_8485759.jpg

料理は美味しいし、元上司の手料理ってちょっとびっくり!(本人曰く、奥様より美味い、らしい)
雑談しながらも、次々と繰り出す料理
e0176922_8545336.jpg

e0176922_855561.jpg

ついでに明日の仕込みも準備
e0176922_8554611.jpg

久しぶりに近況報告で盛り上がりました。
さて本題のブラジャーですが、すぐ隣の店にありました。
e0176922_8575429.jpg

”ブランデー×ジンジャーエール”で「横須賀ブラジャー」専用のグラスで頂きます。
e0176922_8592510.jpg

e0176922_901175.jpg

なかなか美味しかったですよ。
[PR]
by kky2009 | 2014-05-28 09:00 | 飲み

ワインバル 青木商店

ゆえあって、横浜鶴屋町界隈で飲む機会が増えました。
このワインバーもその一つ!「ワインバー 青木商店」
最近店名で”〇〇商店”とか”〇〇農場”なんてのがはやっていますね。
”ワインバー”というトレンディーな横文字と、”〇〇商店”という昭和でレトロな店名がミスマッチ!
既にだいぶ削られた生ハム、おいしそう!!
e0176922_80463.jpg

本日のおすすめ!
e0176922_816157.jpg

ワインはコスパの良いチリのカベルネをボトルで選択
e0176922_852922.jpg

2012年モノなのですが、ブラックベリー系の濃いニュアンスやタンニンなどしっかり感じられるミデアムボディーの赤です。
e0176922_854080.jpg

この店も、常に混んでいてなかなか飛び込みでは難しいのですが、この日はたまたま運が良かった!
これからどんなネーミング、コンセプトの店が流行るかちょっと予想して見ると・・・
今まで以上に直営や原産重視という志向が流行るのではないでしょうか。
例えば、”シャトー・〇〇”、”蔵元直営〇〇酒造”、”〇〇蒸留所”などなど
〇〇の中にありえない地域やそれらしい漢字をあてて、顧客の目を引くというのが定石でしょう!
ともあれ、新しいお店に乾杯!
[PR]
by kky2009 | 2014-05-27 08:17 | ワイン

〇う商店でどっさり!

横浜駅東口からちょっと歩いたところに、〇う商店はあります。
ここは人気のスポットで、週末は予約なしではまず入れません。
平日でも、空いていれば何とかという感じですが、ようやく入ることができました。
なんといってもここの売りは、三浦半島の獲れたて新鮮な魚介が、たっぷり頂けるという点です。
ここに入ったらまずはこれを注文しましょう!
三浦半島地魚どっさり盛(¥1,980)
e0176922_21544098.jpg

水揚げされた魚によって変わるし、季節によっても変わるけれど、満足できる一品です。
それとこの時期必ず進められるのが、しらうお
e0176922_2202012.jpg

はまちのかま焼きもGOOD!
e0176922_222235.jpg

でも気さくに頼むと結構な金額になるので、乾杯のビールのあとは、酎ハイ/サワーがおすすめ!
[PR]
by kky2009 | 2014-05-26 22:03 | お店

大阪・道頓堀 その3 神座(かむくら)ラーメン

最近横浜の新名所「MARK IS」にも出店している神座ラーメンだが、やはりなんといってもここが出発点!原点でオリジナルを頂きます。
当然頼むのは、おいしいラーメンですが、ボリュームアップで”チャーシューそぼろ丼セット”を頂きます。
e0176922_21273932.jpg

e0176922_21275820.jpg

うーん、こってりの家系も良いが、あっさり―スープの神座もやっぱり好き!もちろん喜多方も!
スープの一滴まで飲み干すと出てくる感謝の言葉!
e0176922_21313984.jpg

さすが関西、さすが大阪
最後にここにも有った『日本橋』
e0176922_21341665.jpg
e0176922_21343857.jpg

[PR]
by kky2009 | 2014-05-26 21:35 | ラーメン

大阪・道頓堀 その2 看板

グリコの看板のわき、心斎橋筋につながるえびす橋(ナンパ橋と呼ばれている?)
e0176922_215113.jpg

ここから、メインストリートを歩いていくと、ビルの両側から大きな看板が迫出してきます。
e0176922_2195777.jpg

e0176922_21102999.jpg
e0176922_21105392.jpg

さらに懐かしい”食いだおれ人形”も場所は少しずれていましたが、まだありました。
e0176922_21145434.jpg

そして、とうとう関西にも進出!「俺のフレンチ/イタリアン」
ここ道頓堀に来てまで、フレンチやイタリアンを食べる意味がわからないが、たぶん新し物好きなのでしょうね?期間限定なのかな???
e0176922_21182165.jpg

[PR]
by kky2009 | 2014-05-26 21:19 | 街探索

大阪・道頓堀 その1

たまたまですが、久しぶりに大阪に行く機会がありました。
やはりここは神座らーめんを本場で食べないといけません!ということで、新幹線の時間まで道頓堀を堪能することにしました。
ところで道頓堀といえば、すぐ思い浮かぶのが道頓堀川へのダイブが印象的ですね!阪神タイガースの優勝の時だったと記憶していますが、きったない川に良くダイブするなぁと思ったものです。
でも時が流れて、今はもうこんな感じです。
e0176922_20433482.jpg

まさに別の川ですよね!!
e0176922_2045187.jpg

段々にぎやかな方へ近づいていきます。
なんか見えてきましたね!
e0176922_2054427.jpg

見覚えのあるこのネオン!あのフレーズが蘇ってきます!「グリコ一粒400メートル」
e0176922_2057160.jpg

なんでも今年の秋には6代目にバトンタッチすると報道されています。
[PR]
by kky2009 | 2014-05-26 21:01 | 街探索